英会話との出逢い

先日、英会話教室のネイティブの先生に、「あなたは、どのようにして英会話に出逢いましたか?」という質問を受けました。このような質問に、皆さんは、どのように返答されますか?私は、「学校で「英語」という教科として出会いました」と答えると、先生は、「だいたいそうねー」と、日本語で答えてくれました。英会話教室の先生は、日本語がとても上手なのですが、日本語を勉強し始めてから数年しか経っていないようなのです。どうして、そんなに日本語が上手なのですか?と尋ねてみたところ、先生がおもろに、「あなたは、どのようにして英会話に出逢いましたか?」と、逆質問されたのです。先生の考えの中では、日本人の多くの人々は、楽しそうに英会話を勉強していないと感じているようです。先生自身は、学校の教科として、「日本語」に出逢ったのではなく、個人的に、日本の文化や漫画に興味があったので、自主的に学んだだけなのだそうです。日本人の多くの人々は、英会話を勉強として学校で出逢っているからか、英会話を点数などで評価し過ぎではないかと言っていました。もっと、英会話を使う事を楽しんだり、自分の興味のある事を知る為に、英会話をもっと自由に使えば良いのにと、私達日本人が英会話と向き合う姿勢を、少し残念がっているようにも見えました。改めて、考えてみると、私自身も英会話スキルを、進学や就職のツールとしてしかみていなかったかもしれません。学校の教科として、英会話に出逢っていなかったら、私の英会話との触れ合い方は、もう少し違ったものになっていたかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です