認知機能検定

高齢ドライバーが事故を起こす際によく見られる事象として、後方から近づいてくる自転車が見えにくくて接触しそうになったという理由や、右折の際、対向車を確認して「まだ遠い」「十分曲がる時間はある」と判断したにも関わらず、意外と対向車のスピードが速かったという理由、さらには、対向車の後方から近づく自転車がよく見えていなかったという理由などのように、対向車や後方からの自転車の距離やスピードを見誤ってしまうと言った事象は判断力の低下と考えられるでしょう。また、相手側のスピードに関係なく、曲がろうと思ってから時間がかかってしまうというのは瞬発力の低下が考えられるでしょう。その他にも、車の陰に隠れているバイクや自転車といった存在を見落としてしまうのは、注意力と同時進行能力というものが低下してきた証拠と言えるでしょう。

左折前にサイドミラーを確認する際、歩道を走行中の自転車を見逃してしまったりといったことが増えてきたと感じたら、免許返納を考えることも大切かもしれません。なぜなら、車の死亡事故でもっとも多いとされているのが、左折時の巻き込み事故とされているからです。これは、視野を広く持って確認するといった「認識力」が低下している可能性が挙げられると言えるでしょう。また、左折時にクラクションを鳴らされることが増えたという人は、ほかのドライバーから見て、あなたの判断が遅いというサインとも取れるのではないでしょうか。認知機能検定では、こういった「判断能力」というものを中心に試験していくものと考えて良いでしょう。近年では合宿免許などの普及により運転免許がより身近なものとして存在しているように思われますが、だからこそ、自身の加齢や能力というものに真摯に向き合っていくべきと言えるでしょう。

おすすめ の合宿免許 こちらlawson-drive.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です