ピアノ売買

骨董品級のピアノ

今、骨董品は日本でも海外でも人気があるようです。物によって、固定ファンがいます。江戸時代など古い時代のモノは手に入りづらいです。そのために、高くなるのです。売るときには年代が分かるものがあると良いでしょう。どの学校にも必ずあるといって良いピアノなども、骨董品級のものは人気があるのではないでしょうか。製作年などが分かれば鑑定基準や目安になります。売買の際は必ず持参しましょう。骨董品はとても奥が深いです。プロにとっても真贋が難しいです。ですから、「骨董品の専門店」に依頼することが高く売る近道と言えます。査定経験が少ないアルバイトの人ですと、モノの価値がわからずに安くなってしまうからなのです。骨董品の専門店の中でも、「茶道具・掛け軸が得意」などとモノを特化しているお店を選びましょう。知識や経験があるからです。そのため、ネット検索では骨董品の商品名をいれて複数の店から見積もりを取るようにしましょう。余談ですが、不愛想な店があることも現状です。そのため、金額以外の判断基準として「この人に頼んで大丈夫」と思ったら、お願いするということも店選びの一つと言えます。骨董品の処分が面倒くさいからということで、回収業者へ頼んでしまうと処分費用をとられてしまうのです。私のお客様の中で、トラック6台分で30万円も処分費用を払った人がいたのです。買取店ではどのお店を選んでも、このような費用を払わずに現金になります。骨董品に関しては、基本的に古くて汚れがあります。ほこりなどを払ってきれいにしてから店に持ち込むようにしましょう。たくさんの合唱の思い出とともに、素敵な方のもとへ渡るとよいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です