トレーニング

合唱で自分が歌うことのできる音域に余裕を持って歌えるようになるためには、合唱で使う音域よりもさらに広い範囲の音域を歌えるようになる必要があるでしょう。そのためにはどのようなトレーニングをすればよいのでしょうか。

顔や体型、性格や健康状態など様々な人の体に関することは個人差があります。これと同じように合唱で歌うときでも、声について様々な個人差があります。ソプラノやテノールは高音域で余裕を持って歌える人が好まれますし、アルトなどでは低音域を豊かに確実に歌えることが好まれるでしょう。しかし、これら音の高低にとどまらず、柔らかい声や細い声など歌声には様々な個人差があります。同じパートだからと言っても全員が合唱において同じ音域を楽に歌えるとは限りません。

叫ぶように高音域を歌ってしまったりするとおおよそ合唱のきれいなハーモニーを奏でることは難しいでしょう。

合唱で求められるきれいな声を幅広い音域で歌えるようになるためには、それに適したトレーニングが必要になります。基本のレガートの発声練習の後に、息力を利用する速いパッセージを歌う練習を取り入れてみてはいかがでしょうか。

発声練習をする時には、自分の頭の中で鍵盤を弾かないようにすること大切です。次は何の音が来るのかということを考えながら歌ってしまうと、息が止まってしまい出る声も出なくなってしまうでしょう。 声域を広く豊かにするためには、毎日の練習が肝心です。一日一音などのペースで、合唱で使うことのできる広がることはまずありえないでしょう。毎日の発声練習の積み重ねによって少しずつ音域を広げていけば、今まで出すことのできなかった音域の声が合唱で使うことのできるきれいな声で歌えるようになってくることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です