腹式呼吸

歌う時の呼吸は「腹式呼吸」という普通とは異なる呼吸を使います。腹式呼吸は横隔膜を動かして呼吸をします。この腹式呼吸は息を長く効率良く使うために生み出された呼吸方法で、腹筋を使ってしっかりと声をだすことにも適しています。  いきなり腹式呼吸に挑戦しても、普段おこっている呼吸が再現されてしまいなかなか腹式呼吸ができないでしょう。起立した状態で挑戦しても胸が上がってしまい、胸式呼吸になってしまうでしょう。しかし、私達は普段の日常生活で腹式呼吸を行っているときがあります。それは寝ているときです。そのため一度横になって腹式呼吸を意識して行ってみることにすると良いでしょう。  仰向けになってお腹に手を当てます。そして深呼吸するとへその下のあたりが柔らかく動くことが感じられるかと思います。これは胸式呼吸とは異なり肺が息を吸う事によって膨らんで横隔膜を押し下げることによって、内臓が肺に押されへその下のあたりが柔らかく膨らみます。仰向けになって呼吸をすると背中が床に固定されるため、立って腹式呼吸を行おうとするよりも格段に簡単に実践することができます。こうして練習をして腹式呼吸の感覚を掴むことができれば、立った姿勢で腹式呼吸を行うことも用意になってくるはずです。  それでも立った姿勢で腹式呼吸が難しいと感じる場合には、自身の限界まで空気を吐き出してみましょう。その後に苦しいから一気に吸ってしまおうとして力を入れてはいけません。この苦しいと感じている状態で、固まった体の力を緩やかに抜いていきましょう。そうすると自然に体の中に空気が入ってきます。このときあなたの体はなくなった空気を取り戻そうと躍起になっています。このように無意識に息を吸うと良いです。この時に重要なのが次に吐き出す空気は体の力を抜いて無意識に入ってきた空気のみを吐き出すことです。少しずつこれを繰り返していくとお腹の中に自然と空気がたまるようになることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です