正しい支え方で

お腹で支えて歌おうとしても上手くいかないことが多いと思います。その時に何処か他の場所で声が出せるように支えてしまうと間違った支え方が体に染み付いてしまいます。この間違った体の支えによって「体の一部や表情が不自然に固まる」「胸に力が入る」「顎が固まってしまう」「舌が動かしづらくなる」などが起きてしまいます。  間違った支えは鏡を見ながら矯正することができます。立ち方が不自然だったり、体がカチカチに固まっていたり、表情が不自然であったりした場合には、支えが間違っていることでしょう。練習の度に鏡の前に立って歌うことを心がけてみましょう。

舌の根が固まる場合には「th-s-th」と繰り返しながら舌を根本と手前に出し入れする練習が良いでしょう。はじめのうちは舌がうまく動かせずに大変だと思いますが、練習を続けるうちにだんだんと舌の根の力がうまく抜けるようになってくるはずです。テンポを上げたり下げたりして自由自在に使いこなせるようになると、舌の良い訓練になります。一日二日程度で改善するようなものではありませんので、普段の練習の傍らで行っていくと声がこもりにくくなり、響きやすい声になり、また声量が増してくることでしょう。

上半身が固まっている場合には、姿勢を正しくすることで間違ったお腹の使い方が改善するでしょう。自分の胸の真ん中に背中から前に向かって棒を刺された状態をイメージしてください。その刺された棒を中心にしながら、肋骨を左右と上下に動かしながら声を出してみましょう。上半身がほぐれてくるので、うまくほぐれていれば合唱しながら動かすことができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です