姿勢のイメージ

見栄えだけでなく良い声をだすためには姿勢はとても重要です。姿勢を正しくすることによって呼吸や腹筋の使い方など歌うときに、必要な筋肉をうまく動かすことができるようになるでしょう。ここでは正しい姿勢について解説します。  まず上半身についてです。上半身は上体が腰の上に垂直に乗るように意識しましょう。胸はやや上を向くように意識します。猫背になってしまいますと横隔膜が動きづらくなってしまいうまく歌いづらくなります。

またお腹は引き締めるように意識すると良いでしょう。  腕は肩の力を抜き楽にして構いません。その時に首は顎が前方に釣りだしてしまわないように真っ直ぐに背骨に乗せるように意識すると良いでしょう。頭のてっぺんから吊り下げられるようなイメージで立つと良いと思います。  次に、下半身についてです。太ももで重心を感じるようにしましょう。土踏まずに垂直に体重をかけて、前後にそれないように注意します。前後左右への体重のかけ方は個人差が大きいため、合唱で必要なお腹や背中の筋肉を自由に使えるような自分の立ち方を模索します。腰は反りすぎないように注意しましょう。胸を張りすぎて体が横から見た時にS字になるように強く反ってしまうと背筋を痛めることがありますので注意しましょう。

さらに膝は伸ばしすぎないように、今すぐにでも歩き出せるような姿勢が良いと思います。足は肩幅程度に広げ、広すぎず狭すぎないと疲れにくいです。  両腕の力の抜き方がわからないときには、手をおろして前屈し、上半身を揺すってみましょう。その後に体の下から順番に体を上げていきましょう。首まで起こしきった時に、腕がぶら下がっているようなイメージになると完璧です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です