舌の適切な位置

歌うときには口の開き方だけではなく舌の位置も大切です。歌う時の基本となる舌の位置があります。舌の先は下の歯の裏側に軽くつけるようにします。この時に舌が平らになるように力を抜くと喉の奥までまっすぐに見えるようになります。これをやろうとして喉の奥までまっすぐに見えない人は、舌に力が入っています。どんな音を発するときでもスムーズに舌が動かせるようにこの位置においておくと良いでしょう。特に母音のエやイは発音が難しいとされています。これらの母音は発音する際に必要以上に下に力が入ってしまって、舌の根本が上にあがってしまうことや、舌の中心部分が凹んでしまうことのないように意識して練習しましょう。  下の力を抜くことができないときには舌を思いっきり下に出してアの音を出す練習が良いでしょう。あっかんべーのように下を出してアの音の音階の練習をします。この時に歌うと舌の根元が奥に戻ろうとするはずです。この時にそれに反対するように舌を出し続けるようにしてアの音で歌い続けます。この練習を続けると下を出したままでもアの音が歌えるようになってくるはずです。これが十分にできるようになった後で舌を元の場所に戻して再度歌ってみましょう。これを幾度となく繰り返すことによって下の力が十分に抜けうまく歌えるようになることでしょう。  さらに下の力を抜く練習方法があります。それは口をひらいて「La,La,La,La……」と早く連続して発音する練習です。Lの発音の時に舌に力が入り固まっていると、顎が同時に舌につられて動いてしまい舌がもつれたような動きになってしまいます。可能な限り顎を動かさないようにして舌だけでLa,La,La,La……」と歌えるようにするとよりうまく下の力が抜ける用になることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です