腹式呼吸をふまえた発声方法

合唱に必要なしっかりと遠くに届く芯のある歌声を出すためには、お腹を使うことが必要になってきます。

腹式呼吸はその第1段階です。

安定して腹式呼吸ができるようになったら、次のステップへと進みましょう。

今度はいわゆる『支え』と呼ばれる状態を見ていきたいと思います。

 

腹式呼吸で空気を吸うと、肺が息でふくらみます。この時、ふくらんだ肺が横隔膜を押し下げる形となります。

そして腹式呼吸で空気を吐くと肺がしぼみ、下がった横隔膜が上がってきます。

横隔膜が上がってくる状態だと、声が弱くか細くなってしまいがちになるほか、せっかく肺に入れた空気を効率よく使うことは難しくなってしまいます。

支えとは、『息を吐く時でも横隔膜が上がってこない状況』を必要なだけ保てるように、お腹周りの筋肉などを上手く利用して支えることを指すことが多いようです。

 

ただし、横隔膜が上がらなければよいというものではありません。

やみくもに筋肉を固めて支えようとしたとしても、かえって合唱向きの発声にならない可能性もあります。

例えば支えようとした際、『唇』『喉』『舌』など発音に必要となってくる部位に力が入ってしまうと、これらの部位をうまく使えなくなってしまうため、歌声に影響が出てしまいます。

基本的に支えはお腹周りで行います。声を支える際、お腹周り以外の『頭部』『肩』『胸部』などもは、リラックスしたままの状況になっているほうが良い支えと言えるでしょう。

 

お腹周りで支えを行っていない場合、それ以外で支えようとしている形になるため、お腹周り以外のどこか他の部位が不自然に固まってしまっている可能性が高いと言えます。

もし不自然に固まってしまっている部位がある場合、その部位をほぐしたり揺らしたりしながら歌ってみるなど、リラックスしながら発声できるように練習してみるのも1つの方法です。

 

なお空気を吸うとお腹および肺が息でふくらみ、空気を吐くとお腹および肺がしぼむのは自然なことです。

息を吐く時でも横隔膜が上がってこない状況を保つのが支えですが、その際、肺の中の空気が少なくなればどうしてもお腹はだんだんしぼんでいくため、ずっと支え続けている状況をキープするのは不可能となります。

無理に支えをキープしようとすると、お腹以外の部位に無理な力が入ってしまい、その結果うまく呼吸できなくなったり支えられなくなったりすることもあります。

人体の呼吸の仕組みを理解しつつ、無理なく呼吸ができるよう訓練していきましょう。