合唱に向いた口の動かし方

合唱する際によいとされる口の動かし方は、日常会話で一般的な口の動かし方とは異なるとされています。

また合唱では、顔面の中でも日常会話での喋りではめったに使われない筋肉を主に使用するとも言われています。

合唱の際は通常マイクなどの機材を使わず、自らの歌声を会場へと響かせたり遠くへと届かせたりすることが必要となってきます。

そのために重要なことの1つが口を開ける方法だと言えるでしょう。

 

まずは、口の中に広がるスペースを意識します。

合唱の際の歌声を響かせるためには、このスペースを無理なく広げ、そしてうまく生かすことが重要です。

口の中のスペースを広げるためには様々な開き方がありますが、無理に広げてしまっては喉が締まったり口が動きにくくなったりしてしまいます。

 

日常において口を開く場合は『下あごを下げる』ような動きをすることが多いですが、合唱に向いた形で口の中のスペースを広げたい場合はそうではなく、『上あごを上げる』という意識を持った状態で口を開くとよいでしょう。

 

合唱においてもうひとつ重要なのは、唇や喉や舌がリラックスした状態することです。

力が入り過ぎてしまうと、発声時に歌声を共鳴させ響かせる妨げとなってしまうと言えるでしょう。

また唇や舌は、『音の違い』を表現するのに特に重要な部位となってきます。

このあたりに力が入っていては、思い描くイメージで言葉を発声したり表現したりすることができなくなってしまいます。

しっかりとリラックスさせれば、理想の発音にも近づきやすくなります。

 

そこまで大きな声でなくてもよいので「アーーー」などと口の中および頭蓋骨全体に響かせるように長めに発声しつつ、唇や喉や舌に無理な力が入っていないかどうかをチェックしてみましょう。

もし無理な力が入っている箇所があると感じた場合、その箇所の力を抜き、できる限りリラックスできるように意識し直してから、もう1度発声してみてください。