発音の基礎練習

合唱における『発音』とは、言語の音を発することをさしています。

この世界には様々な言語があり、その言語ごとに発音は異なっているのです。

そのため、歌いたい歌詞の言語によって、必要なスキルやそれを身に付けるための練習も違ってくることになります。

今回は『日本語』で歌う場合を念頭においての練習を、見ていきましょう。

 

なお基本的にどの言語も『母音(=舌や唇などに邪魔されない音。日本語におけるアイウエオ。)』+『子音(=母音以外の音。 舌や唇などに妨げられて出る音 )』で構成されています。

日本語の場合、日本語で使われる母音と子音の発音および、その組み合わせでできる音の発音の練習が必要となってきます。

 

最初からうまくできない場合でも、練習していけば徐々にコツをつかめてくる可能性が高いです。焦らず地道に訓練してください。

 

<発音練習例1 母音>

まずは上あごを上げるような感覚で、口の中のスペースを広く開けるよう意識します。

この時に唇や喉や舌などが、リラックスした状態を保てるようにしましょう。

無理な力が入っていては、うまく発音することができなくなってしまいます。

 

つづいて口を開いたまま、あごの開き方をそのまま維持するように気を付けながら、「あーえーいーおーうー」とゆっくりレガートで発音してみてください。

あごの開き方を変えないので、音の変化は主に舌を使うことになってきます。

なお「あえいおう」は発音の変化をつけやすい順番であり、練習の定番としてよく使われる定型でもあります。

 

発音を変化していく場合、何もない状態ではリラックス状態が保てていた口の中に、無理な力が入りやすくなってきます。

もし力が入る音があるようなら、その音だけを抜き出してゆっくり発音してみるなどしてみましょう。

合唱を成功させるにはやはり練習が一番大事です。