発声の重要な要素

前回に引き続き、正しい発声のために必要なポイントを見ていきましょう。

 

  • 呼吸

発声する際、音声は空気と同時に出ることになります。呼吸と合わせて発声は行われるということです。ですので、呼吸の方法もまた、正しい発声のための重要なプロセスとなってきます。正しい呼吸法とはどのようなものでしょうか。

基本的に、正しい発声のための呼吸としては、腹式呼吸を使います。腹式呼吸は深く呼吸するためのものであり、反対の浅い呼吸は腹部を用いない、口と肺で完結するようなものです。大きな良い声を出すためには、全身をフルに活用することが必要であり、そのためには呼吸で用いる器官も多く広く、ということで、腹部を用いる腹式呼吸の方が良いとされているのです。

普段から意識して腹式呼吸をしている人は少ないと思います。特別に意識せずに無意識的に行う呼吸は、前述したような胸部を用いる呼吸である人が多いことでしょう。ですので、腹式呼吸はいくらかのトレーニングを行わなければ、習得できないと考えられます。

さて、実は、私たちは寝ているときに、腹式呼吸、もしくはそれに近い呼吸法を行なっていることが多いのです。まずは寝転がって、腹式呼吸の感覚を掴みましょう。

最初に、仰向けに寝転がります。両手はお腹の上に置きましょう。腹部の動作を感じるためと、寝転んだ状態ではその方が負担を感じにくいと思われるからです。

この状態で、ゆっくりと深く、息を吸い込み、吐き出します。深呼吸のイメージです。手のひらで、腹部が膨らんでは戻り、という繰り返しをするのがわかるでしょうか。吸い込まれた空気は肺に収まりますが、そうして吸い込んだ空気によって膨張した肺が横隔膜を圧迫し、内臓を押すことで、腹部が出るものとされています。

合唱を成功させるにはやはり練習が一番大事です。