発声の基礎練習

合唱の上達を目指して発声の練習をする際には、それぞれの練習メニューに置いて、「この練習は、何を鍛えるために行っているのか」など具体的な目的意識をもつことが重要となってきます。

こういった意識をせずぼんやりと練習してしまうと、ただ声を出しただけで終わってしまいがちになり、上達へと繋がりにくくなってしまうでしょう。

 

<発声練習例1 ハミング>

『ハミング』とは、口を閉じた状態のまま口や鼻を響かせるように音を出すことであり、いわゆる『鼻歌』のことをさします。

 

口を閉じた状態で、鼻からお腹に空気を吸い込みます。

そして「んーーー」とゆっくり長めに音を出していきましょう。

力を入れ過ぎずリラックスした状態で、鼻に響かせることを意識することが大事です。

ハミングの際に鼻などに震えのような響きを感じられているようなら、リラックス状態に近いと言えるでしょう。

 

口を閉じたままのため、口を開いた状態の時と比べると、出せる音が限られてしまいます。しかしそれゆえ、音程を合わせるという行為に、口を開いた状態以上に集中しやすく、練習することで上達しやすくなるのです。

またハミングをうまく行うためには、腹式呼吸が必須となってきます。そのためハミングの練習をすることは、腹式呼吸の練習にもつながるでしょう。

そしてハミングは主に鼻を使って音を響かせるのですが、口を開けて歌う際も同じように鼻も使って響かせることが大事となります。よってハミングで音を響かせることは、口を開けて歌う時の響きの練習でもあり、練習を続ければ声がよく通るようになる可能性が高いです。

 

<発声練習例2 スタッカート>

『スタッカート』とは、音を1音ずつ短く切って発音もしくは演奏することをさします。

 

まずは腹式呼吸の状態で「ハッ、ハッ、ハッ、……」などと、音を一定のテンポでリズムよく出していく練習をしましょう。音の強さや高さは、自分が無理なく出せるものからはじめると良いと思います。

最初のチェックポイントは、『テンポが一定であること』『音が強くなったり弱くなったりせず、一定の強さで出せていること』。

もしテンポや音の強さが一定ではない場合、一定を保てるように繰り返し練習してみましょう。

 

ある程度できるようになったら、今度は音階をつけてみましょう。

キーボードなどで『ド、ミ、ソ』などと一定のテンポなどで短く切りつつ弾いてみながら、声でも同じ音が出るよう真似していきます。

もし外れてしまう音があるようなら、その1音だけを集中してスタッカートで発音してから再度いくつかの音での練習に戻ってみるのもよいでしょう。

 

また、テンポは一定に保ちつつ、音の強さを意識的に一音ずつ『強く』『弱く』などと変える練習もしてみてください。

音の強さを変えるためには、息の吐き方などを変える必要があり、体の使い方を意識することにもつながるでしょう。

 

<発声練習例3 レガート>

『レガート』とは、音を繋げる形で途切れないよう滑らかに発音もしくは演奏することをさします。

練習例2では音を切って練習しましたが、今度はそれらを繋げる練習をしていきます。

 

『ド、レ、ミ』などと一定のテンポでゆっくりキーボードなどを弾き、それを真似しつつ、異なる音を繋げるように滑らかに発音していきます。

この時、音の強さやテンポが一定を保てるよう、これも繰り返し練習しましょう。

合唱を成功させるにはやはり練習が一番大事です。