声が「響く」の正体

声が「響く」の正体

声を発する方向のイメージはついたと思います。

さらにもう一つ、「声がよく響く」ということについて大事なものがあります。それは「共鳴」です。

これは一般的な言葉ですので、なんとなくイメージはつくと思います。

では発声における共鳴とはどのようなことを意味するのでしょうか。

まず、音は声帯が振動する事で発生します。その音が、口腔や鼻腔、咽喉などに振動として伝わって、それらの空間を震わせます。こうした共鳴によって声帯以外の場所で生まれる音を「倍音」と呼びます。また、共鳴が起きる咽喉などの空間のことを共鳴腔と呼びます。声帯の振動に応じて、倍音を生みだしながら振動する身体の中の空間のことを、共鳴腔と呼ぶのです。

一概には言えないのですが、一般的な傾向として、倍音を多く含んだ声は聞きやすく通りやすい、「美しい」と人に思われるような声とされています。反対に、倍音の少ない声は聞き取りづらく、また尖っていたりくぐもっていたりして、「美しくない」声だという印象を持たれることが多いようです。

人体には主に、三つの共鳴腔があるとされています。

・  咽頭腔

声帯の上部にある空間です。共鳴腔としてはもっとも重要で、整体で発声した音声が最初に共鳴する部分でもあります。

・  口腔

口の中の空間全体を示します。一部の発音でこの口腔のフォームによって音を変形させたことを覚えていると思いますが、共鳴をコントロールするときも、この口腔部分の状態が重要となります。

・  鼻腔

鼻腔は、鼻の奥の喉に近い部分にある共鳴腔です。ナ行などの一部の発音では、この鼻腔を共鳴させることで音を形成します。他の音を発声する際には、必ずしも鼻腔を強く共鳴させる必要はないのですが、いわゆる「鼻につく」ような声にならない程度に共鳴させることで、豊かで柔らかな発声が可能となるため、重要なものとなっています。

合唱を成功させるにはやはり練習が一番大事です。