合唱上達のための基礎練習

ここからは、合唱初心者の上達に役立つのではないか思われる日々の基礎練習方法をご紹介します。

なお練習方法はひと通りではなく、人によって様々なやり方が存在します。

ある方にはぴったりな練習方法でも、他の方には合わないというケースも多々あります。

これからご紹介する方法は、あくまで1つの方法です。

色々な練習方法を試して、自分に合うトレーニングを見つけることをおすすめいたします。

 

さて、実際に発声練習を始める前に、軽くウォーミングアップを行っておくとよいでしょう。

合唱には普段以上に様々な筋肉を使うため、事前に体を温めておいたほうが発声しやすくなるほか、ケガなどを防ぎやすくなるためです。

全身を軽く動かしたり、首・肩・背中・お腹周りなどをほぐしたりなどが有効と言われています。

ただしあまり激しすぎる運動を行うと、汗で体が冷えてしまうなど逆効果となる場合もあるようです。あくまで軽めのウォーミングアップに留めておくほうが無難です。

 

また連続で歌い続けると、例え自覚が無くても、喉をはじめ全身に負担がかかってしまいます。

発声練習の合間や練習後に休息を挟んだり、水分を摂取したりを適宜行いましょう。

もし喉などに少しでも違和感を感じたら、すぐに練習を中断することが必要な場合もあります。状況によっては早めに病院を訪れたほうがよいかもしれません。

合唱を成功させるにはやはり練習が一番大事です。